12/7~12/9「あ~てぃすとマーケット」に出展します

1年半ぶりにワイヤーアートジュエリーでの出展で
「あ~てぃすとマーケット」に戻ってきます。
(名称は「シルバーアートジュエリー」としています。)

夏開催の前回はワークショップで申し込みしていましたが
手術の為キャンセルに。。。
術後すぐだったのですが、キャンセルした夏の開催に
お客様として遊びに行ってみました。

多くの作家さん方が一生懸命に作った作品に囲まれた
この空間が好きだなって思いました。
作ること、そして作った作品を楽しそうに見て回っているお客様の笑顔も。

2011年、震災後のイベント出展を1年経験して、すごく不安になって
当時はイベント出展を続けられないような気持ちになっていましたが
新鮮な視点と気持ちでイベントを体験してみたら
やはり手工芸の魅力、力を信じてがんばろうと思いました。
 
凛々花のワイヤーアートジュエリーは、オリジナルデザインを中心とした
貴金属線による創作ジュエリーです。
イベント会場では完成作品のほか、オーダー受注も行っております。
クレジットカードのご利用も可能です。

皆さまのお越しをお待ちいたしております。


「あ~てぃすとマーケットin横浜赤レンガ倉庫」

  artistmarket2.gif

2012年12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

が開催日です。

《アクセス》
  みなとみらい線「馬車道」/「日本大通り」より徒歩7分
  JR・市営地下鉄「桜木町」/「関内」より徒歩15分

《営業時間》11:00~18:30
《場所》 横浜赤レンガ倉庫 1号館2階 ブース№9
《サイト》 http://artistmarket.info/index.html



  ★本日もブログランキング参加中です★
  励みになりますので、ご協力よろしくお願い致します♪

   にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドアクセサリーへ 





関連記事

11/26~12/3 初の「戸塚モディ」で催事出展

先日イベントで先輩作家の方に
「出展していて大丈夫?(作品作れるの?)」と心配していただきましたが
私の出展する催事は、殆ど実演販売という制作披露のスタイルなので
制作が出来たりします^^

自宅は狭いので、生活と制作が完全に分離する事が出来ませんから
催事のように作品だけに囲まれている環境の方が
集中できてはかどる事が多いのです。

家で掃除片付け~洗濯~炊事~と追われていると
制作に使える時間はほんのわずか。
先週は午前中から夜の8時まで昼食休み以外は
ずっと作り続けていられたので、本当に幸せでした^^

この仕事を始めた時から、私はよくピアノに喩えています。
家庭を持っていたり、環境上無理な場合は多いと思いますが
やはり指は毎日動かしていないと感覚が鈍ります。
1週間作らなければ、1週間よりもっと前の状態に戻ります。
ピアノと同じで指の強弱が勝負。
僅かな力加減の違いで形は変化します。
毎日制作が出来る環境を作りたいなと感じています。

とはいえ、催事は搬入搬出という疲労困憊するような作業がもれなく付いてくるので、やっぱり別宅アトリエが欲しいなぁ・・・なんて。

明日から戸塚駅東口から直ぐのショッピングモール「戸塚モディ」3F
エスカレーター催事に参加させていただきます。
今回は相方さんの天然石や原石も販売いたします。

2012年11月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

2012年12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

が開催日です。
が開催はしていますが私が売場に不在の日です。(代わりに相方がおります)

↑わかりやすい方法が無いかなぁと思って、ちょっとお試しで作ってみました。

戸塚モディ
《アクセス》JR・横浜市営地下鉄「戸塚駅」東口を出てすぐ
《営業時間》10:30~20:30
《所在地》 神奈川県横浜市戸塚区戸塚町10
《サイト》 http://totsuka.m-modi.jp/



  ★本日もブログランキング参加中です★
  励みになりますので、ご協力よろしくお願い致します♪

   にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドアクセサリーへ 
関連記事

模倣について、私の意見を言わせてください。(11/22)

LamerLirica

専門学校に数回通った聴講生のオリジナルを
「同じ学校で同じ先生に習ったことがあるから真似ても別にいいよね」と言う理屈が通用すると思うのかな。
会ったこともない人に長年真似されるってやっぱり不愉快。
それはリスペクトとは別物だと思う。
生徒とは別。
真似されて喜べる訳がない。
DSC_0095 - コピーイヤークリップ 2012/06/27撮影
ミネラルフェスタ、ポスター及びDMにて使用のオリジナルデザイン。

11-22 10:47



それは、あなたの習った人のアイデアや手順ではなく
私が苦心して生み出した、私のアイデアとデザインです。
混同しないでください。



何年もずっと言いたくて、「作品やアイデアが良いからだよ」と周囲に言われて
何となく言えずに来た事です。
言えば「怖い人」のレッテルを貼られる事も、他の方の経験やお話しを聞いて感じていましたし、そういうのに耐えられる私ではない(こう見えて非常に繊細です^^;)事も自分で判っていますので。
でも言わなければ、やっても良いものだ、平気なのだ、通用するのだと思われているのかもしれない
そう感じました。

22日、デザインを扱う方々に今回の事を話してみました。
画像も見ていただきました。
「ありえない…」と。

デザインを専門に扱ってきた人間には当然の事でも
デザインの扱い方の知識のない素人さんには、
何を言っているのか判らない事もあるでしょう。
でも「知らないもん」で済ませられるものではない事があります。

きちんと習ったつもりでいても、そういう知識のない方から教われば
知らないままになる事もあるでしょう。
そういう場合、知識は自分で努力しないと身につきません。
それに、デザインの扱い方に小煩い先生より、
商売の為なら何でもアリだよと許してくれ、甘い先生の方が優しくて
楽に仕事に出来そうな気もしてくるでしょう。

でもデザインを扱う世界は狭いです。
素人や趣味と言っている間は何となく通用する気がしても
本腰を入れようとした時には、それが通用することはありません。

   * * *

ふと、学生時代の事を思い出してみました。

模写という課題がありました。
神奈川県では確か、中学の美術の授業にもあったと思います。
模写をしたいと思うのは大抵、その作品を良いとか好きと感じているからだと思います。
油彩の作品をガッシュや透明水彩で描くのだから、全く同じになるわけではありませんが
この作品はどういう事を表現したいのかを作者の身になって感じ
より本物に近づきたいと考える。
そしてより作者を知ろうとし、作者や作品にのめり込んでいく。

私が中学時代に模写をしたのはパブロ=ピカソのキュビズム前の
ばら色の時代の絵でした。
作品の中に潜むスト―リーと絶妙な構図バランス、
そしてあのもの悲しくも強い立体感に魅かれ、筆を取りました。
模写ですし、自分がその絵に迫れるとは思いませんが
その絵の持つ表現力により近づきたい、そういう思いで取り組んだように思います。
他には色の美しさと平面上の立体感の表現に感動し、愛していた(笑)
鈴木英人、永井博の作品も好んで模写をしました。(絵筆で、ですけど)
あの頃の経験は、パースの取り方に自信を与えてくれました。
そして平面による空間表現に魅入られたのだと言えるかもしれません。

予備校時代には、ノーマン=ロックウェルを大きなパネルで模写をしました。
また、模写はしませんでしたがアンドリュー=ワイエスの繊細な表現を自分のものにしたくて
色使いや構図の方法を試していた事があります。

   * * *

学生時代にオリジナルデザインに対するスパルタも受けてきた私ですが
このように学校のような学ぶ場では、積極的に模倣を行わせます。
勉強の為におこなう模倣は、何ら問題ないものだと思いますし、必要な事です。
また仕事としての“技術”なら、特許のあるもので無い限りは、
自由に模倣して勉強したり、学んだものを活用したり出来るものだと思います。
でもデザインを扱う仕事(イラストやウェブデザインだけでなく、ものづくりも同じです)において
デザインやアイデアは無断で真似したりして自分の利益につなげようとする行為は、賞賛されたり歓迎される事はありません。

最初は偶然と思われてばれなくても、繰り返せば人は気付きます。

見た事のあるものをそうとは気づかずに自分のアイデアと思いこんでしまう事はあると思います。
私自身も、絶対に無いとは言い切れません。
ですが、同じ事を同じ方に何年もの間に何度も繰り返されれば
偶然ね、とかそういう事もあるよね、とはもはや言える状況ではないと感じますが、
それは私の気のせいでしょうか。
また、その作品の参考元を知っている者が見て明らかに参考にした作品が判ってしまうようでは、
それはただの模倣でしかないと思うのです。

まず最初に自分のデザインポリシーをしっかり持っていないと、
結局その人は模倣で終わります。
デザインポリシーとは、単に羽根のデザインが好きとか、
材料を替えているとか、手順が違うというものではありません。
その作品を他人が見た時に感じる「その人らしさ」だと思います。
これは案外自分では気づかないものなので難しいのですが
自分の言い訳が通用しない、ベースに深く関わるストーリーとカラーです。

「同じ素材を使っていれば同じになる」という言い訳は詭弁です。
私は、同じ素材でも違う個性を表現している作家さんを何人も知っています。
その作品に作者の名前が描かれていなくても、
誰の作品なのかわかる様な作品を知っています。

この模倣についての問題が出ると、必ず
第三者は「作品が良いからだよ」とか「(有名ではなくても)有名税と思えば良いじゃない」と言いますが、そうでしょうか。

単純に、自分でアイデアが考えられない、他人の模倣しか出来ない、
他人のアイデアで手軽に稼ぎたい、注目されたい
または他人のアイデアを自分のアイデアだと思い込むだけの相手だったとしたら?
真似する側が擁護されて、試行錯誤しながら自分のストーリーを持ってデザインを生み出そうと努力する人間は守られない。
やりきれない思いです。

リスペクトからの利用や模倣で自分の利益につなげたいのならば、
その元に迷惑を掛けたり不快にさせたりしてはならないのです。

例えば私がワイヤーワークを見たのは10年以上前、海外のアーティストの作品等でした。
そこはアイデアのベースにはなっています。
でも売る為に同じものを作るのではなく、まず同じものを作って練習したら
どうやって自分のしたい表現に活用出来るかを考え、
商品とするまでには試行錯誤に年月がかかりました。

爪留めの表現も同じです。
私が昔見た海外作家の爪留めのデザイン、強度と自分らしいアイデアとデザインに落ち着くまで長い年月がかかり、その間に日本で制作する方も時々見掛けるようになりましたが、
私は私の独自の方法とポリシーと他にないデザインで考案出来た事に誇りを持っています。

また数回習わせていただいた方より使わせていただいているデザインがあります。
教室に通ってというより、聴講生程度ですが。
でもそれらに関しては、最初に許可を取り

・元より安く販売しない(価格競争で販売画策をしない)
・敬意を持って取り組み、雑に変容させたり手抜きをしたりしない
・自分の作品が元で、元の作品の評価が下がることはしない
 (素材を変えて壊れやすくなったり着けにくいものにすること)


という基準を自分に課しています。
くわえて、自分らしい表現を取り入れてコピー品で終わらないように
自分の中への落とし込みを行っています。

ディズニーにはオフィシャルアーティストがいます。
日本人でも高橋宣光氏が注目されていますが
それは真似やコピーといった低レベルのものではなく、
元とは別の魅力を持ち、芸術的に優れているからこそ公認となり、賞賛されるのです。

それらと商売の為のキャラクター模倣とは一線を画すものです。
全くの別物です。
ストーリーもポリシーも感じられず、深くも考えもせずに無断で
画像を見ただけで似たようなものが作れてすごいでしょう的におこなわれる模倣、劣化なまがい物は、
どこかのコピーキャラクターだらけの遊園地のように嘲笑の的にしかならない事を忘れないでください。
いつもどれも、誰かの何かに似た作品は、まるでかの遊園地のようです。

周りのお友達はごまかせて指摘はされないのかもしれませんが、
そのもっと外側ではごまかしはききません。

私自身は私自身のデザインの扱い方にも本当に苦心をしているのです。
講習を開催する上で、また卒業生の方々に技術講座を開講していただこうとする上で
自分のテイストを強く出したデザインと、パブリックなデザインとを分ける事が必要とされます。
そこが曖昧となれば、扱う方々に明快な基準が生まれず、問題となってしまう事があるからです。
技術としての基本デザインと、参考でとどめておくべきデザイン(そのまま作ってしまったら模倣になってしまうデザイン)の存在との違いです。
それらは、デザインを長年扱う事で身についた者にとっては感覚として自然に理解しているものであっても
言葉や具体例として、初めて関わる方に説明するとなると非常に難しいのです。
それらが大変難しいという事も、“デザインの価値”という存在が判らない方には理解されない事もあります。
ただ難しいからといって、面倒だから適当にしちゃえとしてしまうと
蝶の羽ばたきが台風を生むことは確実です。
実際にこうして放置された蝶の羽ばたきは、現在台風の目となっているのですから。

私は、私のものが模倣されたから厭なのではなく
もの作りの世界で、模倣そのものが商用として平然と出回るレベルになっていく事が厭なのです。
販売する立場だけでなく、人に教える立場の人も考えなければならない事です。
勉強として模倣から始まったものでも、
自分の表現を持つようになって初めて一人立ち出来るのは
伝統工芸の世界と同じだと思います。


本当はこんな事に煩わされたくはないのです。
制作に響くので、精神的に動揺を生む厭な事に多大なエネルギーと時間を割くのは苦手です。
賛否両論あってもデザインにかかわる皆さんが考えるきっかけとなればと思いました。

私の教室の生徒さんは、私の学校で勉強している方々です。
ですので勉強の為の私の模倣を許可していますし、同じ内容の講習の開催を許可していますが、一人立ちし作品を作るようになったら、自分のカラーやコンセプトを持ったデザインでこの業界を戦っていくしかありません。

煩いと思われるかもしれませんが
デザインを考え、生み出し、それを実際にする作業をする者にとって
デザインは「自分の結晶」であり「命」や「魂」そのものです。


年末は大事な仕事が続きますので、気持ちを切り替える為
この件はここまでと致します。


  ★本日もブログランキング参加中です★
  励みになりますので、ご協力よろしくお願い致します♪

   にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドアクセサリーへ 

関連記事
Information
❤出展・講座・体験のお知らせ❤
(2016/1/23 更新)


▼ワイヤーアートジュエリー
 作品展示販売イベント




《作品販売》
1/28(木)~2/2(火)
「ハンドメイド作品展」

 国分寺マルイ 3F
 「国分寺」駅 徒歩1分
 10:30~20:30



《作品販売》
3/18(金)~3/20(日)
「ミネラル ザ ワールド」

 横浜産貿ホール マリネリア
 「日本大通り」駅 徒歩5分
 10:00~18:00(最終日17:00)



《作品販売》
4/15(金)~4/17(日)
「第11回ミネラルフェスタ」

 横浜赤レンガ倉庫1号館2階
 「馬車道」駅 徒歩6分
 10:00~18:00(最終日17:00)



《作品販売》
5/20(金)~5/22(日)
「第4回福岡ミネラルショー」

 南近代ビル 3F
 「博多」駅 徒歩15分/バス5分
 11:00~17:00(初日14:00~20:00)




▼ワイヤーアートジュエリー体験レッスン



《ワイヤー体験》
2/5(金)・2/13(土)
「ハンドメイドワークショップ」

 マルイ渋谷モディ 4F
 「渋谷」駅 徒歩2~4分
 10:30~20:30



《ワイヤー体験》
3/18(金)~3/20(日)
「ミネラル ザ ワールド」

 横浜産貿ホール マリネリア
 「日本大通り」駅 徒歩5分
 10:00~18:00(最終日17:00)



《ワイヤー体験》
4/15(金)~4/17(日)
「第11回ミネラルフェスタ」

 横浜赤レンガ倉庫1号館2階
 「馬車道」駅 徒歩6分
 10:00~18:00(最終日17:00)



《ワイヤー体験》
5/21(土)~5/22(日)
「第4回福岡ミネラルショー」

 南近代ビル 3F
 「博多」駅 徒歩15分/バス5分
 11:00~17:00




▼ワイヤーアートジュエリー定期講座



 2017年以降の新規開講は未定です
 



▼国産アコヤ本真珠取り出し体験



《真珠体験》
3/18(金)~3/20(日)
「ミネラル ザ ワールド」

 横浜産貿ホール マリネリア
 「日本大通り」駅 徒歩5分
 10:00~18:00(最終日17:00)



《真珠体験》
4/15(金)~4/17(日)
「第11回ミネラルフェスタ」

 横浜赤レンガ倉庫1号館2階
 「馬車道」駅 徒歩6分
 10:00~18:00(最終日17:00)



《真珠体験》
5/21(土)~5/22(日)
「第4回福岡ミネラルショー」

 南近代ビル 3F
 「博多」駅 徒歩15分/バス5分
 11:00~17:00



《真珠体験》
7/16(金)~7/18(日)
「第25回あ~てぃすとマーケット」

 横浜赤レンガ倉庫1号館1階
 「馬車道」駅 徒歩6分
 11:00~17:00(最終日16:00)





▼宝石研磨体験



《宝石研磨》
3/25(金)~3/27(日)
「Atelier La mer 初音工房」

 ◆体験(1石付)¥2,700/1回2h
 ◆石持込(時間制)¥3,800/3h
  延長1h毎¥1,100
 京浜急行「日ノ出町」駅 or
 「黄金町」駅徒歩4分
 11:00~19:00内の時間予約制


※ 要予約 090-2542-1433



《宝石研磨》
4/15(金)~4/17(日)
「第11回ミネラルフェスタ」

 横浜赤レンガ倉庫1号館2階
 「馬車道」駅 徒歩6分
 10:00~18:00(最終日17:00)



《宝石研磨》
4/22(金)~4/24(日)
「Atelier La mer 初音工房」

 ◆体験(1石付)¥2,700/1回2h
 ◆石持込(時間制)¥3,800/3h
  延長1h毎¥1,100
 京浜急行「日ノ出町」駅 or
 「黄金町」駅徒歩4分
 11:00~19:00内の時間予約制


※ 要予約 090-2542-1433



《宝石研磨》
5/21(土)~5/22(日)
「第4回福岡ミネラルショー」

 南近代ビル 3F
 「博多」駅 徒歩15分/バス5分
 11:00~17:00





▼天然石販売出展



《天然石販売》
3/18(金)~3/20(日)
「ミネラル ザ ワールド」

 横浜産貿ホール マリネリア
 「日本大通り」駅 徒歩5分
 11:00~17:00(最終日16:00)



《天然石販売》
4/15(金)~4/17(日)
「第11回ミネラルフェスタ」

 横浜赤レンガ倉庫1号館2階
 「馬車道」駅 徒歩6分
 10:00~18:00(最終日17:00)



《天然石販売》
5/20(金)~5/22(日)
「第4回福岡ミネラルショー」

 南近代ビル 3F
 「博多」駅 徒歩15分/バス5分
 11:00~17:00(初日14:00~20:00)



Atelier La mer 出展Information♪
 ↓  ↓  ↓


《クレジット加盟店》
※講習会及び出展イベントでは3千円以上でクレジットカードがご利用いただけます。
VISA/MC/AMEX/DC/JCB/楽天/NICOS

《工房で行っているもの》
 ・制作作業
 ・講座開催
 ・天然石販売
 ・宝石研磨レッスン
サロンではございません。作業スペースの一角に石や資材が盛ってあるような空間です^^;

「Atelier la mer 初音工房」
  京浜急行「黄金町」駅 or
「日ノ出町」駅徒歩4分
(黄金町エリアマネージメントセンター管轄エリア)
※ イベント出展中は不在です
※ ご来店は要確認 O9O2542I433

Flash Calendar
Category
Visitors
FC2 Blog☆Ranking
ランキングに参加中です。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドアクセサリーへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ワイヤークラフトへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ   にほんブログ村 ハンドメイドブログへ  ブログランキング・にほんブログ村へ 

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
658位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジュエリー/アクセサリー
46位
アクセスランキングを見る>>
Comment
RSSフィード
Monthly Archives
New Topix
  • 2012年11月
次 >>
Liricaの推奨本
手前味噌で申し訳ないです。 でも良い本に仕上げていただいたと思っています☆
Profile

Lirica

Author:Lirica
2000年前後より、お勤めの傍ら、趣味でアクセサリー作りを始め、2003年より友人の勧めで委託販売と出張教室を始めたことが、この仕事のきっかけとなりました。

2004年より天然石・ビーズ販売と各種アクセサリー講習会を開催していましたが、2005年より貴金属ワイヤーによる本格的ワイヤーアートジュエリーの制作へと転向し、技術講座を開講。
2006年より委託販売を開始し、百貨店催事とアートクラフトイベントへ出展。
オーダーやリフォームの他、相方の研磨鉱石・天然石の販売も致しております。
ブログでご案内いたしておりますので、ぜひ会場へ足をお運びくださいね。

私がワイヤーアートジュエリー講座を開催している理由は、今流行りの「お教室ビジネス」をやりたいからでは断じてありません。

「ものをつくる」というのは一朝一夕で出来るものではありません。
習ったら作れるというだけのものでもありません。
「作ったら売れる」とか、「習ったから教えられる」というものでもありません。
「作る」という行為を通して、自分で考えたり気がついたり、成長する楽しさを感じていただき「創る」喜びにつなげていただきたいと思い開催しています。

ワイヤーが一時の流行として終わるのではなく、広くものづくりの楽しさや良さを知っていただくきっかけとなるよう願っております。

制作される方への大切なお知らせ
デザイン使用についてのお話と、作家の方針についてのお話です。 以下の「Privacy & Policy」のボタンをクリックしてください。 ポップアップが登場いたします。

twitter
日々の思った事・気づいた事・悩んでいる事・入りたてホヤホヤの“超”最新情報をつぶやいています。
The Second Profile
Liricaをまだ知らないあなたのために・・・ 本当のLiricaのProfile(時々変更)

Mail
お問い合わせの方は下記のフォームをご利用ください。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Research(1)
一般的なジュエリーリフォームの相場ってどれくらい?

Moon Age
fxwill.com
QR-Code
QRコード
QR-Codemaker


by ajaxblogparts
Blog検索